たくさんの方々に囲まれた事務所開き

活動報告

昨日、5月19日、事務所開きがおこなわれました。
天気にも恵まれ、のべ100名以上の方が駆けつけてくれました。
事務所には人が入りきれず、溢れていました。

 

「つながる会・杉並」からあいさつの後、

大学名誉教授の塩田さんからスピーチ
「杉並の区政、ほんとに酷くなった。私の飲み友達で仲間である若い三浦ゆうやさんを、勝たせて酒を飲ませたい」

三浦ゆうやの交友関係は幅広いですね!

 

つづいて、三浦ゆうや本人のあいさつ
「今の田中区長は政策云々の前に区民の声を聞いていない。
クリーンな政治をしておらず、どこを向いているのか。
黙っていられないという皆さんの思いをぶつけていきたい。
タウンミーティングで皆さんの痛切な思いを聞いてきた。」

 

三浦ゆうやの先輩弁護士、長澤さん
「皆さんに支えられた情熱と若さで頑張っている。
朝が苦手なのに起きて朝宣伝している!
まだ名前と政策が浸透していないので、広めていこう!」

 

そしてお茶で乾杯!

 

三浦ゆうやの後輩弁護士の水谷さん、
都内各地での色々な候補者の写真をとって応援してきたROYさん、
あんさんぶる荻窪問題に取り組む方などなど、
様々な応援スピーチが続きます。

「今の区政がどれだけ区民を苦しめているのか。杉並の誇りを取り戻したい」

 

高円寺小中一貫校問題に取り組んでいる方
「今の区長のことや、区長選があることを知らない人がたくさんいる。
学校の統合で通いにくくなる子どもがたくさんいる。業者とのトラブルで、三浦さんが弁護士として親身に頑張ってくれた。」

 

杉並区で女性の人権問題に取り組む方や、
年金問題に取り組む方、
民商さん、働く方などなども。
「若者も高齢者も安心して暮らせる杉並にして欲しい」「労働弁護士として頑張っている三浦ゆうやさんに期待したい」

 

区外から駆けつけてくれた友人も!
「区外、県外からもできる応援をしたい」

 

緑の党の方
「杉並で彗星のごとく現れた三浦さんに感激しています。」

緑の党は、杉並区長候補に三浦ゆうやを推薦していただいています。

新社会党の方
「1期めは田中区長を応援していたが、2期めから変容してトップダウンになった。区政を変えるために応援したい」

新社会党からも推薦を受けています。

共産党の区議団長くすやまさん
「チラシを受け取ってすぐ、この人を応援する、と決めてくれる人もいる。三浦ゆうやの名前を広げに広げよう」

 

事務所開きに来ていただいた皆さん、ありがとうございました!
まだ事務所にいらしたことのない皆さん、ぜひ遊びに来てください!

市民の手で少しずつ飾り付けています。
支援者の方々からいただいたレインボーフラッグも。
もっと賑やかにしていきたいですね。