首都圏青年ユニオン顧問弁護団から激励!

応援の声

≪スタッフブログ≫

昨日6月15日、三浦ゆうやも参加している首都圏青年ユニオン顧問弁護団から、応援決議をあげていただきました!

 

三浦ゆうや弁護士は、弁護団の一員としてカフェ・ベローチェでアルバイトとして働いていた女性が雇止めにされた事件で、その女性の代理人をつとめ、勝利解決をしています。

(事件の内容等の詳細は、下記URLからご覧ください。)

http://www.seinen-u.org/yuuki-koyou.html

 

労働者(とくに若い労働者)の権利向上のために一緒に活動してきた弁護団の仲間からの激励文を、下記に紹介させていただきます。

私たちは三浦ゆうやさんを応援します。

 

 三浦ゆうや弁護士が、2018年6月24日の投票の杉並区長選に立候補を予定しています

 三浦ゆうや弁護士は、私たち首都圏青年ユニオン顧問弁護団の一員です。

 カフェ・ベローチェ事件では、三浦ゆうや弁護士は、担当弁護団として厳しく難しい非正規雇用の事件をたたかいぬき、和解解決を得るのに貢献してくれました。

 ブラック企業と、労働者の人権を阻むものを許さない。

 このときの三浦ゆうや弁護士のあつい志は、杉並区長となった際には杉並区民の暮らしの向上に大きな力となるでしょう。

 がんばれ!三浦ゆうや弁護士!

 私たち首都圏青年ユニオン顧問弁護団は、三浦ゆうや弁護士を応援します。

2018年6月15日

首都圏青年ユニオン顧問弁護団

 

激励メッセージを添えた集合写真も送っていただきました~!

 

(みわこ)