新潟知事選挙、中野区長選結果を受けて

みなさん、新潟知事選挙は原発の再稼働に反対して多くの県民が立ち上り結束してたたかいましたが、僅差での敗北となりました。前知事の突然の辞職を受けてのたたかいでしたが市民と野党の固い共闘により大いに追い詰め、あと一歩のところまで迫ることができました。
一方、中野区長選では現区政への批判とともに市民と野党の共闘が大いに効果を発揮し、見事大差をつけて勝利しました。この結束とたたかいの結果は、後に続く私たちにとって大きな励ましと教訓を与えてくれるものです。

私たち「つながる会・杉並」の取り組みは、区政を市民の力で住民本位のものに変えていこうという運動で、新潟県民や中野区民と同じく住民主権を求めるたたかいです。
「住民が主人公の、住民が豊かさを実感できる、住民一人ひとりが個人として尊重されるまち=杉並」をつくるために、三浦ゆうや区長予定候補とともに「杉並から政治を変える」を共通する意思とし、三浦勝利のために頑張っていく決意です。
残すところわずか、ともに頑張りましょう。

2018年06月11日 つながる会・杉並