新企画★「街かどトーク」盛り上がりました!

活動報告

《スタッフブログ》
5月27日(日)、区民と三浦ゆうやさんが語り合う「つながる街かどトーク」を開催しました!
場所は高円寺駅の北口広場。

 

 

まずは三浦ゆうやさんの人柄について、同期の弁護士仲間・青龍美和子さんとトーク!
趣味は飲み歩き、学生時代は剣道と野球もやっていたそう。ポジションはかっこいいからショート!
東日本大震災の時は被災地にも足を何度も運んだ。福島原発の被害弁護団を一緒にやった仲間。

青龍さん「ブラックな働き方をなくすという政策に共感する。三浦さんは非正規労働者の問題に力を入れてきた。」
三浦さんはカフェベローチェで若くないという理由で解雇された女性と一緒に裁判を闘ってきた。これは氷山の一角。

 

 

次に高円寺在住の金森さんから、高円寺小中一貫校の巨大校舎建設について。
3つの学校がひとつになり日陰で狭い校庭になってしまう、巨大な建物ができ、騒音もひどいので住民は反対。でも住民の話を全然聞かず工事が始まった。反対している住民を訴えるという強行的な姿勢ひどい!!

金森さん「三浦さんは住民訴訟のために、住民に寄り添って一生懸命やってくれた。 困ったことがあればすぐ飛んできてくれる。三浦さんの話を区民のみなさんに聞いてほしい。」

 

 

わー!山本太郎さんが応援に! 高円寺にポスター貼りに来てたそうです!

山本太郎さん 「地方の議会も国会の様になってきている。国民の声を聞かない。保育園民営化を見ると、杉並でもやってることは強引だと感じる。教育をコストとして切り捨てられてる。国政でも安倍首相は少子化対策全然やっていない。日本は国民への投資がすごく少ない国。」

 

 

三浦ゆうやさん「家賃や学費が高くて、生活が苦しい人たちがたくさんいる。高齢者、若者、子育て世代もそれぞれ大変。小中一貫校やビーチバレーコートなど無駄遣いをやめれば、家賃補助、給付型奨学金など住民の暮らしに税金を使うことができる!!」

 

 

続いて原田あきら都議会議員。
商店街を潰して道路をつくる計画が。100億以上のお金を使って商店を潰そうとしている!とんでもない!田中区長から始まった計画。田中区長は商店のこと分かってない〜! テンション上がりすぎて2人とも立ち上がってトークしてます(笑)

 

 

山添拓さんも応援に来てくれましたー!同じ京都出身で、同期の弁護士さん!

山添拓さん「東日本大震災の時は一緒に三浦さんと募金を集めたことが。その後も三浦さんは現地に通って現状を見てきた。現場の声を聞くのが政治にとって大事。」

三浦ゆうやさん「タウンミーティングでも意見を聞かない田中区長に不満の声がどんどん届けられている。」「職場で不当な目に会っている人はたくさんいると思うが立ち上がるのは勇気がいる。区長になったら労働実態調査、相談窓口をつくって杉並からブラックな働き方をなくしたい!」

 

 

次回の「街かどトーク」は6月3日(日)16時~@阿佐ヶ谷駅・南口広場です。
ぜひご参加ください!
(まお)