不正のない、クリーンな区政を三浦区長で!

応援の声

《スタッフブログ》

三浦ゆうやと同期の弁護士、舩尾遼さんからも応援メッセージをいただいています。

舩尾弁護士は、2011年3月、仙台地方裁判所で司法修習を受けているとき、東日本大震災の被害を目の当たりにしました。

「三浦くんは、私を心配して震災直後にもかかわらずすぐに駆け付けてくれました」と言っています。

その後も、被災者が困っていることはないかと何度も被災地をたずねた三浦ゆうや。

そんな姿をよく知る舩尾弁護士は、今回の杉並区長選挙に毎日のように応援しに来てくれています。

現区長は、昨年の都議会議員選挙予定選候補者2名の選挙応援集会に公用車を使って参加したり、23区区長でただひとり、1200万円を超える政治資金パーティーを開催したりしていることが明らかになっています。

区長が公用車をこのように使うことは、区の規定にも反する不適切なもので、区長の資格が問われる問題です。
また、政治資金パーティーに、区の補助金を受け取っている関係者が関っていることは、区民に公平に対応すべき区長のモラルに欠けるものです。

三浦ゆうや区長候補は、「政治資金パーティー、業者とのゴルフ、公用車の私的使用は行いません」ときっぱり宣言し、「区民感覚に立って区政運営を行うことが重要だ」と訴えています。

 

また、三浦ゆうや区長候補は、「十分な情報を提供・公開し、地元住民や学校・商業関係者等の意見や要望を聞く機会を設けます。公聴会や意見表明の場については、年代や生活スタイルに応じて、テーマの設定や参加しやすい説明会の開催場所や時間帯、開催数等を検討します。」と、区民に説明責任を果たすことを公約しています。

クリーンな区政をぜひ、三浦区長のもとで実現してもらいたい!

みんなの願いです。

 

(みわこ)