妙正寺川地域でタウンミーティング

活動報告

《スタッフブログ》

6月2日に、妙正寺川地域でタウンミーティングが開催されました。

参加された皆さんから出された主な意見を紹介します。

 

*区長の日程表の情報公開請求を行ったが、廃棄してないという回答だった。区の情報が手に入らない。

*区の情報が少ない。区政が日常と結びつかない。

*安倍の暴走止めて欲しい。

*杉並区広報が新聞折込みや区立施設や駅スタンドにおいてあるが各戸配布して欲しい。情報が欲しい。

*旧早稲田通り歩道が狭く、バギーなど押して通れない。電柱を地中化して欲しい。都道だが、そうした声を吸い上げ都に交渉して欲しい。

*下井草駅前商店街が廃れている。魚屋、肉などの個人商店が無くなった。盛り上げて欲しい。

*大きい住宅が相続などで手放し、ミニ開発が進んでいる。住民は増えたが、昔から住んでいる人との交流がない。自治会にも入らないためコミュニティが広がらず災害の時心配だ。固定資産税を軽減して昔から住んでいる人を守って欲しい。

*児童館老朽化して災害などあったらと考えると施設の再編は仕方ない。

*科学館を廃止した理由をきちんと説明して欲しい。区民が無くしてよいと言ったのなら仕方ないが、区民の声を聞いたとは思えない。

*憲法の問題や介護・医療などの問題を考えるうえでも必要な人に必要な情報が届くようにして欲しい。いろいろなことに関心を持ってもらうには、まず情報が一番。

*友人が特養に入所しているがあれは監獄だ。医療や国保料の自己負担も上がるのに「監獄」にしか入れないと思うと暗くる。

*自宅から5分~10分程度の距離に保育園・学校・学童などがあり、子育てがしやすく38~39年住み続けられた。保育園や学校、児童館の統廃合で子供が歩いていけるような施設になるのか心配。

*空き家が多い。有効活用の方策は考え欲しい。

*現状区政の批判ではなく田中区政にない問題意識が必要かと。「文化の杉並」を推進してはどうか。

*「外環の2」工事は環境を全く無視している。一度壊した環境は戻らない。

*登校拒否の子どものことで学校、教育委員会から親子ともどもイジメにあった。

 

このほか、たくさんの意見が出されました!!

(Shioya)