中野に続こう!いよいよ選挙本番!

活動報告

《スタッフブログ》

告示日前日の6/16は高円寺駅前でロングラン宣伝。

三浦ゆうやさんと一緒に人権を守る活動を行ってきた弁護士の皆さんが、全国から集まってくれました。応援リレートーク、盛り上がりました!

 

 

「隣の中野区では市民と野党の支援した候補、酒井直人さんが当選した。大規模開発、区の施設の民営化…杉並と中野のやっていることよく似ている!次は杉並の番です!」

 

同じく弁護士仲間の山添拓参議院議員も駆けつけてくれました!

 

 

 

後半は、山本太郎参議院議員、山添拓参議院議員と一緒にクロストーク!

 

 

国政に杉並区議会が似てきている!?

杉並でも公用車に関する資料を破棄したと嘘をつく政治が行われています。

区長の公用車は年間3000万円くらいかかっている。杉並区が現在行っている貸与型の奨学金と同じ金額!

税金の使い方を変えて、区独自で給付型の奨学金を作りたい。

 

 

三浦ゆうやさん「杉並には児童館がたくさんあり子育てしやす街づくりをしてきた。しかしコストカットのため、田中区長は児童館ゼロにしようとしています。あんさんぶる荻窪の中の児童館がなくなり、子供の遊ぶ場所がなくなったと不満の声が上がっている。」

 

山本太郎さん「聞くと杉並の田中区長はなかなかハードコアな政治をしてますね!子供が集まる場所はコミュ二ケーションを育むためにも大事な場所。それをゼロにしようとしているのが田中区長。三浦さんはコストカットではなく奨学金や子供にお金を使う真っ当な候補者!」

 

いま杉並区にある貯金を使えば、家賃補助、給付型奨学金、75歳以上の医療費窓口負担ゼロ、いろんなことが出来ます! 住民の声をきちんと聞くことを大事にしたい。三浦さんはタウンミーティングを20回以上おこなってきました。

 

山添拓さん「三浦さんは誠実で正義感を身につけた方。杉並に弁護士事務所を構え、区民のみなさんに寄り添ってきた。明日から選挙が始まります。応援よろしくおねがいします!」

(まお)