三浦ゆうやプロフィール⑤声をあげなければ、社会は変わらない

プロフィール

猛勉強の末に2010年に司法試験に合格。
その年に司法修習生の「給費制」の問題にかかわりました。

裁判官・検察官・弁護士を目指す人は必ず、約1年間の司法修習という研修受けなければいけません。修習に専念するためアルバイトが禁止されますが、国家公務員に準じて給与が支払われていました。

ところがまさにこの年から、給費制を廃止し、お金がない人は借金するという制度に変わろうとしていました。「お金のために働く弁護士しかうまれない」―当時、受験を終えた同期の修習生たちが、運動を繰り広げました。私もそこに参加し、議員要請に参加しました。

結果として、1年だけですが給費制を継続させることができました。
声をあげて立ち上がれば、社会は変わる―この経験はとても大きなものでした。
世の中を変えるためには、声を出して動かなければ―社会と政治を変える弁護士になろうと吹っ切れた瞬間でした。

プロフィール全文はこちらからhttp://miura-yuya.com/profile/

給費制度の継続を求めて、裁判所前で宣伝

 

国会議員の控え室をまわって、要請行動にも取り組みました。初めて声をあげた経験でした。