三浦ゆうやプロフィール⑤人生を変えた東日本大震災

プロフィール

司法修習に受かってすぐ東日本大震災が発生。居ても立っても居られず、司法修習の仲間たちと被災地へ向かいました。

震災後初めて目にした仙台の海岸線は、どんな言葉で言い表したいいのか、今でもわかりません。津波で流された家、船、車、ヘドロの臭い・・・。
宮城、岩手、福島――どこもかしこも3月11日14:46のまま、ときが止まっていました。そんな中、泥に埋まった憲法の本を見つけたときは、複雑な思いがしました…。

避難所を訪れ、家族や住む家を失った津波被害者の方の要望をとにかく聞いてまわりました。国や県が津波被害の対策をとっていれば、救えた命があったはずでした。悲しみの声を聞き、犠牲の多くが「人災」ではなかったのかと、怒りが湧き上がってきました。

弁護士でもない、ボランティアとして大した支援もできない―けれど、必ず弁護士になって皆さんの役に立つと誓いました。

プロフィール全文はこちらからhttp://miura-yuya.com/profile/