「住民の声がしっかり届く区政を」杉並区長選挙スタート!

活動報告

《スタッフブログ》

6月17日、いよいよ杉並区長選挙がスタートしました!

三浦ゆうやさんの阿佐ヶ谷駅前での第一声には、たくさんの人が集まってくださいました。

様々な方から応援スピーチ。杉並区民の皆さんほか、三浦ゆうやさんと同期の弁護士さん、杉並区議会議員さん、日本共産党の田村智子参議院議員、市民と野党の力で区長を誕生させた「区民の声・中野」の方などなど。

 

 

杉並区の財政力を使えば、生活応援のいろんな施策が区政で実現可能です!という三浦ゆうやさんの訴え。

75歳以上の医療費窓口負担ゼロ、家賃補助、給付型の奨学金。

子どもから高齢者まですべての人の居場所である区立施設を守ります。保育園民営化はストップを。

杉並区からブラック企業をなくすため、労働調査、公務員の正社員化、公契約条例の制定を。

タウンミーティングを行い、区民の声をしっかり聞きます。

 

 

これから投票日まで、区民の声が生きる区政を実現するため、杉並各地で皆さんに訴えます!

応援よろしくお願いします!(^O^)/

(まお&みずき)